Ramada Hotel Basel
 今回の旅の第2の目的であるVitra Design Museumはスイスとドイツ、そしてフランスの国境が交わるバーゼルにあります。そこで毎度おなじみTrip Advisorで第一位のRamada Hotel Baselに泊まることにしました。
 ホテルはバーゼルの中心街にあり、駅からはトラムで一本と至極便利な場所にあります。ちなみに駐車場はホテルの向かいにあるデパートのビルの駐車場にあります。
 
e0076932_21291271.jpg

 当初私の中でRamadaホテルは正直「いまいち」という印象があったのですが、このRamadaは他のホテルとはかなり一線を画していて、モダンなデザインホテルとなってます。
 
e0076932_21334496.jpg

 
e0076932_2294432.jpg

 特に今回は角部屋のデラックスルームをホテルのサイトから直接予約(一番安かったです)しました。部屋の中に入ると、まず飛び込んでくるのは、バーゼルの街並みです。
 
e0076932_21395644.jpg

 工場などが点在しているため、物凄く綺麗な街並みではありませんが、見ごたえがあります。
 
e0076932_21413966.jpg

 インテリアもモダンで、ベッドも寝やすく、私たち好みのデザインです。
 
e0076932_21431963.jpg

 
e0076932_2236162.jpg

 特にバスルームは緑色が鮮やかで、デザインホテル的なテーストを醸し出してます。
 
e0076932_2145770.jpg

 尚、インターネットは部屋からは特に値段の表示もなかったで、無料で接続できるのだろうと思い繋いでいたのですが、実はチェックアウト時に有料だったことが判明。値段は忘れてしまいましたが、半日で4・5千円ぐらい掛かったと記憶してます。ということで注意が必要です。また朝食は有料です。しかしながら一泊ではもったいないというぐらいお勧めのいいホテルでした。

 バーゼルには半日ほどしか滞在しないので、部屋で一息ついた後、トラムにのり、とりあえず町巡りをしました。
 
e0076932_224019.jpg

 これといって名所があるわけではないので、町めぐりに欠かせない駅へ向かうことに。
 
e0076932_21573894.jpg

 ヨーロッパの駅はこうしたアーチ状になっているのがいいですよね。
  
e0076932_220112.jpg

 駅には私がいつの日か乗ってみたい寝台車「City Night Line」が停車してました。
 
e0076932_2233957.jpg


 ちなみにこの日、ホテルでテレビをつけたところCNNのニュースでロンドンのヒースロー空港からテロリストが発見され、ほとんどの飛行機が運休、そして液体の持ち込み制限をはじめとした荷物検査が徹底して行われていることを知りました。せっかくミュージアムでたくさんお土産を買おうとしていたのが難しいことが分かり、飛行機に乗ってロンドンへ帰れるのだろうかという不安の中旅を続けることになってしまいました・・・(涙)。
 只、私たちが乗った飛行機の翌日からそういう事態に陥ったことを考えると、旅がこうして続けられているのはある意味恵まれていたのかもしれません。
 
 次はバーゼル近郊の椅子の街へ向かいます。
# by kumasan_life | 2007-10-08 21:32 | ホテル (35)
リヒテンシュタイン公国(侯国)
 ヨーロッパ国稼ぎを目標にしている私達にとって、やっぱりこの国に立ち寄らずには居られません(笑)。それはスイスとオーストリアの間にあるリヒテンシュタイン侯国で、大きさは小豆島ほどのしかなく(南北に25km、東西に6km)、人口は3万人しかいません。それでも国は国ということで、立ち寄ってみました(嬉)。

 あいにく雨のため、街並みはあまり綺麗に撮れていませんが、生活の水準が高いこともあり、建物は新しく綺麗です。只、隣国スイス・オートリアとの違いはいまいち感じられませんでした。
 
e0076932_20465448.jpg

 
e0076932_20485217.jpg

 お腹も空いたので、一番賑わっていたレストランへ。
 
e0076932_20515673.jpg

 スイスと同じで肉がおいしいとのことで、ステーキを注文しました。
 
e0076932_20513059.jpg

 
e0076932_2182720.jpg

 
e0076932_2172281.jpg

 お腹を満たした後は、観光です。レストランから道路を挟んだ場所にある広場からはミニSLが走っています。
 
e0076932_20532395.jpg

 ミニSLは30・40分かけて名所やワイナリー等を駆け巡ります。スイスと同様緑が多く、街(国)全体が非常に整っています。
 
e0076932_20581017.jpg

 
e0076932_20582674.jpg

 またSL乗り場にあるチケット売り場ではパスポートに入国スタンプを押してくれるので(確か2ユーロ?)、入国記念に是非押しておきましょう。
 国は非常に小さいのでミニSL乗車も含めて2・3時間も滞在すれば十分です。こんな小さなところが国として依然として存在しているのは本当に不思議ですが、訪れる価値は十分あると思います。
 
e0076932_219228.jpg

 Kumasanも一応記念撮影です(笑)。
 
e0076932_22503563.jpg

 次はここから一気にバーゼルに向かいます。
# by kumasan_life | 2007-10-07 20:53 | スイス リヒテンシュタイン(3)
聖ヴェネディクト教会 (Saint Benedict Chapel)
 例のごとくかなり間が空きましたが、前回の続きです。
 
 Valsを後にした私達は建築家が必ず訪れるツントーの有名な作品であるSt.ベネディクト教会へ向かいました。
 今回は毎度おなじみのTomTomのカーナビを頼りにスイスの山の中をぐんぐんと進みます。
 
e0076932_19541835.jpg

列車でも行くことは可能ですが、駅が非常に小さく、荷物を預かってくれるような場所はないのに加え、とにかく遠い。車で教会に行く間に大きな荷物を背負って歩いている人を見かけましたが、うーんかなりの体力が必要です。
 
e0076932_2024328.jpg

 以前あった教会が雪崩で崩壊してしまったので、それを立て直すために地元の信徒たち20人によって新たに建設されたとのことで、その場所は下界を見下ろすような見晴らしのいい場所に建ってます。
 
e0076932_20159100.jpg

 
e0076932_20152431.jpg

 中に誰も居ないので勝手に扉を開けて中に入ります。
 教会の中は木の葉というかボートというか面白い形をしており、正面に小さい十字架がちょこっと置いてあります。
 
e0076932_20165069.jpg

 
e0076932_20185342.jpg

 
e0076932_20232912.jpg

 
e0076932_2038897.jpg
 
 建築家の方のパーティーに参加していた時に、「この柱が凄いんです云々」といっていた通り、近づいてみると柱は壁から離れてボルトで留められています。
 
e0076932_2040563.jpg
 
 また外に回ってみると、楕円形がよく感じ取れます。
 
e0076932_20252232.jpg

 建築家の人は壁のディテールについても話してましたが、素人の私には何が凄いのか良く分かりませんでした・・・。
 
e0076932_2026425.jpg

 ということで、建築素人の私には、勉強不足のため、どのあたりが突出しているのかはよく分かりませんでしたが、素晴らしい建築ということは肌で感じられたと思います。特にこのスイスの山奥にある小さな村に見事にマッチしていました。やはり建築は「周囲との調和が大事」だと思わせる作品でした。
 
 教会に行った後はこのベンチで休んで更に心を和ませるんでしょうか。羨ましい限りです。
e0076932_20362972.jpg

# by kumasan_life | 2007-10-06 19:58 | スイス リヒテンシュタイン(3)
Hotel Therme in Vals, Switzerland その2
 スパは宿泊客だけでなく、日帰りでも入ることができますが、午前中11時までは宿泊客のみとなります。ということで食事を済ませ、早速スパへ向かいます。ちなみにOpenは7時からです。
  
 スパへはレストランから直接行くことができます。チェックインの際にもらったコインを入り口で渡すだけです。(このコインは退出後戻ってきますので何度でもスパに行くことでできると思います)
 そしてこのミステリアスな石の通路を過ぎ、
 
e0076932_1131644.jpg

 ロッカーで着替えた後は石造りのスパが目の前に現れます。
 
e0076932_11322930.jpg

 
e0076932_11324454.jpg

 スパは温度に応じて何種類かに分かれています。メインはこの青く光る32度のプールです。外からの採光と相まって魅惑的なコントラストを演出しております。
 
e0076932_11391839.jpg

 
e0076932_11403423.jpg

 またビーチにあるような寝そべることができるこれまた非常のデザインに富んだ椅子が至る所に置かれており、リラックスできるようになってます。
 
e0076932_1145183.jpg

 
e0076932_1155131.jpg

  
e0076932_1145284.jpg

 そして外には30度(冬は36度)の温水プールがあります。
 
e0076932_11543979.jpg

 このスイスの雄大な景色を見ながらの温泉。非常に贅沢です。
 
e0076932_11551617.jpg

 
e0076932_11564134.jpg

 朝も早いこともあって、あまり人も折らず各プール貸切状態。特に「Fire Pool」と名づけられた42度のプールにはほとんど人が入ってませんでした。外国の方は熱いお風呂が本当に苦手ですね。
 ちなみに外から見るとこのような建物になっています。
 
e0076932_1234866.jpg

 
e0076932_124423.jpg

 ヨーロッパではハンガリーのブダペストアイスランド、そしてスイスと3つの温泉に入りましたが、ここが大自然とモダンデザインのコントラストというハーモニーを考えると個人的には一番良かったような気がします。また各種セラピーも充実しているのでそちらを予約していくのもいいかもしれません。
 
e0076932_1272783.jpg

 次はズンドーもう1つの有名な作品「聖ベネディクト教会」へ向かいます。
# by kumasan_life | 2007-07-18 11:22 | ホテル (35)
Hotel Therme in Vals, Switzerland
 今回の旅のメインテーマは2つ。1つ目はこのホテル「Hotel Therme」に泊まること。そしてもうひとつはドイツのVitra Museumに行くことです。ということで旅の初日その目的が達成されることになります。

 ホテルへはZurichから列車とバスを乗り継いで行くことも可能ですが、時間的な制約があるので、車で行くことをお勧めします。場所はZurichから200キロほど南下したどちらかというとイタリア国境に近いところにあります。
 ここは有名なスイス人建築家ツントー(Peter Zumthor)がスイスの温泉地Valsに手がけた神秘的なスパです。ロンドンで知り合った建築家の人に薦められて以来、ずっと行きたいと思っていました。只、如何せん場所が場所だけに躊躇していましたが、最後ということもあり思い切って行ってみました。

 ホテルは彼が手がけたデザインホテルと、その他一般のホテルとに分かれているのですが、デザイン部屋は19部屋しかないため、遅くとも1ヶ月ぐらい前には満室になってしまいます。仕方なく、私たちが泊まったのはスパから歩いて1分ぐらいのところの同じ敷地内にある普通の棟です。
 受付はそのスパがある棟なのですが、受付のおじさんが全く英語が話せず、ドイツ語のみ。身振り手振りでチェックインをし、鍵とスパの入場コインを受け取ります。着いたのが夜の10時半頃だったので、周りは真っ暗。部屋も普通のホテルですが、ここは自然を堪能するという目的らしくテレビは置いてません。あるのはラジオのみです。
 
e0076932_23424996.jpg

 スパは11時まで入れたのですが、チェックインの準備などをしているうちに時間が過ぎてしまい、その日は入れませんでした(涙)・・・。 
 そして朝起きてみると、外にはいわゆるスイスらしい大自然が目の前に広がっていました。う本当に素晴らしい限りです(嬉)。
 
e0076932_2347494.jpg

 早速、スパのある棟へ向かって食事ですが、その建物内のデザインが素晴らしい!
 
e0076932_23504486.jpg

 
e0076932_2351227.jpg

 
e0076932_11252999.jpg

 
e0076932_11231011.jpg

 
e0076932_023425.jpg

 バイキング形式の朝食で、チーズがおいしかったのはもちろんですが、お茶の種類が豊富でした。
 
e0076932_23582734.jpg

 食事は外の景色を見ながらとなります。本当に贅沢ですね。
 
e0076932_235985.jpg

 
e0076932_055726.jpg

 建物自体はこんな形。ロビーの椅子もそうでしたが、曲線が美しいですね。
 
e0076932_014858.jpg

 またこれは別の棟。このような棟が3つ?あります。
 
e0076932_12353983.jpg

 次はいよいよスパに向かいます。
# by kumasan_life | 2007-07-16 12:33 | ホテル (35)