ドゥブロヴニク(クロアチア)への旅
 コメントをして頂いた方、ブログへ訪れていただいた方、返信、更新が遅くなって済みませんでした。イースター休暇(今年は4月14日(金)~17日(月))に休みを1日つけて、4泊5日の日程で、ロンドンに赴任してから絶対に訪れてみたいと思っていたドゥブロヴニクへ行ってきました。
 
 ドゥブロヴニクは中欧はクロアチアにある都市で、アドリア海に面した中世の街並みを今に伝える観光地として有名な場所です。詳細は後ほど詳しく書きますが、以下のような写真(ドゥブロヴニクの旧市街)を見たことがある人も多いと思います。
  
e0076932_6544757.jpg

 とにかく結論から先に言ってしまいますが(笑)、今まで訪れた都市の中で一番素晴らしく、綺麗な街でした。ということで、また例のごとく10回近いシリーズになりますが、気長に更新を待っていただければと思います(笑)。

 まずは飛行機から。ロンドンからドゥブロヴニクまでの直行便はBritish Airways (London Gatwick空港)しかなく、それ以外はCroatia Airでザグレブ経由か、オーストリア航空や、超格安のSky Europe等を利用して、ウィーンや、ブダペスト経由で行くしかありません。ということであまり乗り継ぎに時間を取られたくない私としてはBAを選ぶことにしました。しかし予約したのが5週間前ということもあり、飛行機の値段は既に高騰。やはり一番人気のあるイースター周辺の旅行は2・3ヶ月前には予約しておかないと高値をつかまされてしまいます。いつも利用しているAmexの航空券予約サイトでも1人600ポンド(12万)。これはいくらなんでも高すぎる(閑散期で180から200ポンドぐらい)ということで一度は諦めかけたのですが、試しにビジネスクラスを見てみると、なんと290ポンド(約6万円)と何故かエコノミーの半額以下。しかもいろいろ値段を調べてみると、ビジネスクラスは繁忙期でも280から300ポンドなので、価格自体はイースターの影響を受けていません。これはお得ということで、今回はビジネスクラスで行くことにしました(笑)
 
e0076932_655425.jpg

 
Gatwick空港はデザインが先進的で綺麗です

 といってもロンドンからドゥブロヴニクはたったの2時間半。従っていくらビジネスと言っても日本のスーパーシートのようなサービスがあるだけで、シートの大きさも差ほど違いはありません。只チェックインはビジネスで、ラウンジは帰りだけは使えました。ちなみにこれが機内食。一応それらしく、お皿で出てきます。また飲み物も注文し放題です。
 
e0076932_6551828.jpg

 飛行機はあっという間にドゥブロヴニク空港へ到着。空はアドリア海の海に色を思わせるかのような透き通った青い空。ロンドンでは見ることの出来ない空の色です。うーん爽快。
 ちなみに空港自体の施設はまだ整備されていないようで、そのまま地面に降りて歩いてターミナルへと入っていきました。
 
e0076932_6582492.jpg

 そこから市内までは車、もしくはバスで30分ほどの距離。ということで次回へ続きます。
 
by kumasan_life | 2006-04-18 23:03 | 中欧 (27)
<< ドゥブロヴニク空港から市内へ ヴェルサイユ宮殿 >>