アルハンブラ宮殿
 アルハンブラ宮殿へは中心部から歩いていくこともできるのですが、ミニバスが便利です。1回1ユーロぐらいなので、とっても経済的です。 
 アルハンブラ宮殿は基本的には予約制。予約なしでも当日切符を買って入ることができるのですが、人気の時期には売切れてしまうことが多々あるということなので、ネットで予め予約しておくほうが賢明です。このサイトから予約してください。尚、有名なアラヤネスの中庭がある王宮内に入るには時間が指定されているので、その時間を逃した場合は入れないので要注意です。宮殿内は非常に大きいので早めに入って他の場所を満喫してから、もしくはレストランなどで過ごしてから王宮へ行くのがいいかもしれません。
 
 まずはカルロス5世宮殿という16世紀に建てられたルネッサンス様式の宮殿へ。
e0076932_21502653.jpg

 円柱がぐるーっと取り囲んで光景は圧巻です。
 
e0076932_21521979.jpg

 
Kumasanも喜んでいるようです

 そしていよいよ宮殿内へ。順路に沿って進んでいくとまず見えてくるのはメスアルの間。
 
e0076932_2204598.jpg

 壁や天井にはアラビア模様のタイル等が広がっており、その緻密さに圧倒されます。
 
e0076932_2232571.jpg

 
e0076932_2215387.jpg

 
e0076932_22284873.jpg

 そして一番楽しみにしていたアラヤネスの中庭へ。7つのアーチと両側に広がる緑の植え込み、アラヤネス(天人花)、そして水面に反射する建物。それぞれが絶妙に調和したこの光景はまさに「素晴らしい!」の一言です。
 
e0076932_2272378.jpg

 また反対側からも非常に美しいです。
 
e0076932_22133430.jpg

 只残念ながら、この時たくさんの写真を撮ったのですが、重たい荷物を背負っていたせいか、写真が微妙に曲がっていて、いいものがほとんど撮れませんでした・・・(涙)。
 またその奥にあるライオンの間は無数のアーチに取り囲まれており、これまた素晴らしかったです。
 
e0076932_22252867.jpg

 王宮の外にも綺麗な光景は広がっていました。
 
e0076932_22304588.jpg

 またアルカサバ(城壁)からはグラナダの街が一望できお勧めです。
 
e0076932_22333129.jpg

 
e0076932_2233448.jpg

 宮殿内には緑溢れる庭もたくさんあり、あまり暑くなければゆっくりと一日のんびり過ごしたい場所でしたね。
 
e0076932_22315315.jpg

 それ以外のお勧めの場所としては、パラドールと呼ばれるスペインの国民宿舎。中でも宮殿内にある「Parador De Granada」は予約を取るのが非常に難しいという大人気のホテルですが、Cafeやレストランを併設しているので、休憩するにはもってこいです。雰囲気も最高、サービスもいいので、是非立ち寄ってみてください。
 
e0076932_22371551.jpg

 ロビーはこんな感じです。
 
e0076932_22384013.jpg

 ということで重たい荷物を背負って疲れきった私達はホテルでお茶を飲みながら数時間過ごした後、中心部まで戻りバスで空港へ行くことに。夜10時過ぎの飛行機でGranada空港からRyanairで一路London Standsted空港へ。
 到着は夜11時50分だったのですが、この日は出発が30分程遅れたため予定時刻は12時過ぎに。それはそれでかまわないのですが、この日に限って、Stansted空港は12時から空港整備のため、12時で閉鎖。それに間に合わない場合はLuton空港へ着陸しますとのアナウンスが・・・(涙)。車を空港に置いているので、その場合は一度Stanstedに戻る必要があるため家に到着するのは夜中の3時過ぎに、かなりきついです。
 只遅れを取り戻すべくパイロットが全速力で飛ばしたおかげで12時丁度にStansted空港へ無事に到着。当初の予定通り1時半ごろには自宅へ着くことができました(嬉)。
 2泊3日という超強行スケジュールでしたが、それに値するだけの素晴らしい旅ができました。アドバイスしていただいた人たちに感謝です。次回行くときはもっとゆっくりと巡りたいですね(笑)
by kumasan_life | 2006-12-17 21:29 | スペイン・ポルトガル (11)
<< 横浜 三渓園 コルドバからグラナダへ >>