スイス・ドイツデザインの旅
 前回の更新から既に3ヶ月以上空いてしまいました。やはりロンドン時代のようには更新していくのは時間的、マインド的にに難しいですね。・・・。単なる言い訳ですが(苦笑)。
 
 只、このままずるずると書かずに終わるのもったいないので、以前から書かなくてはと思っていたロンドン時代の最後の旅行、スイス・ドイツ・フランス・ルクセンブルグの(一応)デザイン旅について、1年近くも経ってしまいましたが、またもや気長に書いていきたいと思います。
 ■ ■ ■ 

 本来は夏休みを1・2週間取ってゆっくりとヨーロッパを車で回ってみたかったのですが、プロジェクトが大詰めに差し掛かっていたので、水曜日の午後に早めに仕事を終え、木・金と2日だけ休みを取り、
 ① ロンドンGatwick空港からスイスのチューリッヒへ飛び、そこから車で2時間は離れた温泉地Valsで一泊。
 ② 翌日はデザイン建築に立ち寄りながら、フランス・ドイツ・スイス国境近くのバーゼルへ
 ③ 3日目は今回の旅の目的であるVitra Museumへ。そしてフランスはコルマールへ。
 ④ 4日目はコルマールからストラスブールを経由し、最後の国ルクセンブルグへ。
 ⑤ そして最後の日はルクセンブルグ観光をし、ロンドンへ帰宅
 という2006年8月9日(金)から13日の5泊6日の走行距離1,000キロというなんとも慌しい旅ながら、内容の濃い充実したロンドン赴任最後の旅となりました。

 飛行機はロンドンからチューリッヒへ行き、帰りはルクセンブルグからロンドンという変則的な旅だったのですが、EasyjetのようなBudget Airlineで個別の買うよりもよりもBritish Airwaysの方が安く、しかも行きはビジネスクラスのほうがエコノミーよりも安いという何とも不思議な現象。ちなみに1人145ポンドとかなりお得でした(嬉)。
  
 ということで今回は会社から直接ということもあり、時間も読めないので、車でなく、Gatwick Expressで空港に向かいました。Business Classということで、チェックインも早く、しかもラウンジも無料で使えます。ラッキーですね。
 
e0076932_2158734.jpg

e0076932_224394.jpg

Gatwick空港のこの曲線がいいんですよね・・

 飛行時間は1時間40分ということもあり、飛行機が離陸後安定すると、早速食事の用意が。まあBAの機内食なので、ほとんど期待しませんが、予想通り、いまいちな味でした。まあ贅沢はいえませんね。
 
e0076932_221195.jpg
 
 
Kumasanもサラダディナーをしっかり食べていました(笑)

 ちなみに飛行機の座席を決める時にこの距離のクラスの機体によってはビジネスクラスの座席が前方に向かって左側が2人、右側が3人という座席の配置があります。その場合2人掛けの方が、上の写真のように真ん中の座席が潰されているので、若干広く使えると思いますのでお得です。
 
 そして無事にチューリッヒ空港に到着。非常にモダンなデザインでもっとじっくり見たかったのですが、到着時間は既に8時近く。 ここから2時間以上かけて、車で南のValsという田舎町に行く必要があります。
 
e0076932_22114815.jpg

 今回は前回のクロアチアの教訓を受け、もちろんAutomatic車を予約。しかも走行距離が長いことから大き目の車をAutoeuropeというサイトで予約しました。
 空港の駐車場直結で至極便利。しかもワンランク上のワゴン車(しかも走行距離2,000㌔の新車!)にUpgradeしてくれ、順調な滑り出しとなりました。ちなみに今回は毎度おなじみのカーナビTomTomを持参したので、地図がなくても全く迷うことありません。うーんなんとも便利な時代になったものです。
 
e0076932_22161126.jpg

 
VWのPassart2リッターディーゼルエンジン。非常に乗り心地が良かった

 次はValsの世界的に有名なデザインホテル「Hotel Therme」です。
by kumasan_life | 2007-07-15 21:33 | 旅行 (10)
<< Hotel Therme in... お花見(靖国神社、皇居、六義園) >>