iittala (Arabia)
 今回の旅行の一番の目的はヘルシンキにあるアラビアの工場でアラビア製品を大量に買うというものでした。今までもこのブログで何度か取り上げていますが、ロンドンにも多くのイッタラ(アラビア製品)を扱うお店がありますが、値段は日本とさほど変わりません。
 
 しかしアラビアの工場はものによっては現地価格より2・3割安いと書いてあります。現地価格はロンドンより貨幣価値の分だけ安くなっているので、(つまり10ポンドのものが10ユーロなので3割ぐらい安いことになります。ということは、アラビア工場のものはロンドンと比べると結果的に半額ぐらいなる計算です。(10ユーロ x 30% =7ユーロ、10ポンドは14ユーロ)

 しかし安くなっているのはアウトレットや生産終了の一部の製品なので、どの製品が、どれだけ安いのかはいくら調べても全く分かりませんでした。ということでフィンランドまでは観光を楽しもうということで買い物をする予定は全くありませんでした。

 ところが何気なくRigaで一番大きなデパート「Stockmann」に入ってみるとあるじゃないですか、イッタラ製品が!品揃えはあまりないですが、主要製品は揃ってます。特に鍋などの調理器具は沢山ありました。 
 
e0076932_6153387.jpg

この近代的なRiga駅の駅ビルの中にあります


 しかもその値段が物凄く安い。例えばこの一番好きなOrigoの一番小さいカップ、日本では2,100円、ロンドンでは9ポンド(1,800円)が、ラトビアでは4.75Lats(ラッツ)、日本円で950円と半額以下です。その他にも長年愛用しているEgoのエスプレッソ&ソーサーが7.25Lats(1,450円)とこれまた日本の半額以下ととっても安い。
 
 ということで旅が始まってわずか2日目に、しかもヘルシンキに行く前に、買える物は買うことにしました。しかし問題はここで沢山買っても、この先の旅行には荷物になるので持っていけないということ。そこでパッキングをして自宅へ郵送してしまうことにしました。

 しかしここでまた問題が。どこを探しても包装するためのビニールのプチプチ(英語ではBubble wrap)が売ってません。仕方なく、プチプチが付いているA4・B4版の封筒で包み送ることにしました。
 
 値段は5㌔ぐらいまで5千円ぐらい。封筒、箱は郵便局に売ってます。詰め方が上手くなかったため、2箱になり送料だけで8,000円、封筒は100円、箱も200円ぐらいなので、半額で買ったのが、最終的には3割引ぐらいなってしまいました・・。まあしょうがないですね。
 
 その後はブログで既に書いてあるように、EstoniaのTallinnへ行ったのですが、そこでまたびっくり。旧市街からちょっとだけ離れたところにある、タリンで一番大きなデパートTallinna KaubamajaにはRigaとは比べ物にならないぐらい大きなイッタラコーナーがあるではないですか!!

e0076932_6182271.jpg

こっそり撮影

e0076932_6192659.jpg

大量のiittala製品が。しかもきれい


 しかも値段がリーガよりさらに安い。Origoのカップは94EEK(エストニアクローン)、日本円で850円、Egoは159EEK(1,430円)と若干安いです。ということでここはRigaに売っていなかった花瓶やカトラリー等の大物を購入しました。

 ちなみにクレジットカードで購入する際に1,000EEK(9千円)を超える場合は、パスポートなどの身分証明書が必要との事。私達はホテルにおいてきたので、近くのATMでお金をおろして買う羽目になりました。

 またタリンもリーガ同様プチプチが売ってなかったので、封筒に入れ、郵送することに。只郵便局が近くになかったので、結局ヘルシンキ駅前にある郵便局から送ることにしました。値段はRigaと同じく5㌔ぐらいで5千円。ここにはRigaやTallinnの封筒とは比べ物にならないぐらいいいプチプチも売っています。

 が悲しいかな。上手くプチプチを使って梱包したつもりだったのですが、Egoのコーヒーカップの柄が2個とも折れてしまっていました{悲しい}。今回買った中で一番楽しみにしていただけに残念です。やっぱり特殊な形のものは手で運ばないといけないんだなぁと教訓を一つ学びました(悲)

 ちなみにヘルシンキでの値段ですが、上記のOrigoは7.9ユーロ(1,100円)、Egoが13.95ユーロ(1,950円)。アラビア工場では上記の製品はありませんでした。
e0076932_6202491.jpg

ヘルシンキのイッタラのお店

 
 ということでiittalaファンの人は是非、タリンに行くことをお勧めします。ビザもいらず、食べ物等の物価も安いことに加え、ヘルシンキよりも更に安く、しかもアウトレットでないiittala製品をロンドン・日本の半値で買うことが出来ますので。

 私達も、日本に本帰国するのが決まったら、前の土日にでもさくっと買いに行きたいですね・・。只これ以上の食器の置き場所がないのが問題ですが(笑)
 

 
 
by kumasan_life | 2005-09-03 03:11 | バルト (7)
<< TallinnからHelsinkiへ Merchant's ... >>