<   2006年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
横浜 三渓園
 相変わらずちょっと前(2週間程)の記事になりますが、紅葉の写真を撮りに横浜の三渓園へ行ってきました。
 ロンドンから帰国して一番感じるのは、安倍首相じゃありませんが、「美しい国日本」(笑)。ロンドンと違ってごみは落ちていないし、街並みも意外と綺麗だし、建物の近代的なものもあれば、古いものもある。ヨーロッパの人はとにかく歴史の重みを大事にする人が多いのですが、日本はそういった要素を兼ね備えている非常に魅力的な国だということを改めて認識させられました。
 そんななかやはり日本の風景といって思いつくのは「紅葉」。休みを取って週末旅行にでも行きたかったのですが、休みを取る暇が全くないので、とりあえず近場ということで横浜の三渓園へ行くことにしました。自宅からは高速で1時間ちょっとなので非常に便利です。

 この日は12月初め。紅葉のピークは翌週ということでまだ完全に色づいていませんでしたが、写真を撮るには天気もよくちょうどいい頃合。
 ピークを避け、午後2時ごろに到着したので、駐車場待ちも15分ぐらいで済みました。
入場料500円を払い早速中へ。外国人観光客を始め、非常に多くの人が園内にいます。 
 
e0076932_23435998.jpg

 三渓園は原三渓という生糸貿易で成功した実業家の私邸を市に寄付してできた庭園。横山大観をはじめとして、インドの詩人タゴール等も滞在したというなんとも由緒正しい家なのです。
入場すると目の前には大池と呼ばれる池があり、日本らしい情緒を醸し出しています。只このあたりはまだ葉っぱは色づいていませんでした。
 
e0076932_23532741.jpg

 
e0076932_0154451.jpg

 只奥にある内苑に入ると、もみじや銀杏などは結構色づいていました。
 
e0076932_23573349.jpg

 
e0076932_23574857.jpg

 
e0076932_23581872.jpg

 ちなみに今回は新しいカメラを持っていきました。以前から欲しいと思っていたリコーのコンパクトカメラのGR-Digital。これは普通のデジタルカメラと違って望遠もなければ手振れ補正もない、いたってシンプルなカメラ。只一眼レフ並みの画像がコンパクトカメラながら撮れるというのが売りで、玄人向けのカメラです。従ってオートで取るよりはマニュアルで撮るのがこのカメラの醍醐味なのですが、私のような腕のない人にはまだまだ難しく、今後もっと練習必要です。
 
e0076932_052070.jpg

 また内苑の中にある記念館では抹茶も飲むことができますので、疲れたら立ち寄ってみてください。
 日が暮れると園内はライトアップされ、また違った雰囲気を醸し出します。なので午後から夕方にかけて訪れるのがいいですね。
 
e0076932_0121524.jpg

 何年かぶりの三渓園。紅葉真っ盛りというわけではありませんでしたが、美しい国を堪能した気がしました。ロンドンへ行く前はあまり意識しなかった写真を撮りたい風景が日本にはたくさんありますね。
by kumasan_life | 2006-12-18 23:44 | 日本 (6)
アルハンブラ宮殿
 アルハンブラ宮殿へは中心部から歩いていくこともできるのですが、ミニバスが便利です。1回1ユーロぐらいなので、とっても経済的です。 
 アルハンブラ宮殿は基本的には予約制。予約なしでも当日切符を買って入ることができるのですが、人気の時期には売切れてしまうことが多々あるということなので、ネットで予め予約しておくほうが賢明です。このサイトから予約してください。尚、有名なアラヤネスの中庭がある王宮内に入るには時間が指定されているので、その時間を逃した場合は入れないので要注意です。宮殿内は非常に大きいので早めに入って他の場所を満喫してから、もしくはレストランなどで過ごしてから王宮へ行くのがいいかもしれません。
 
 まずはカルロス5世宮殿という16世紀に建てられたルネッサンス様式の宮殿へ。
e0076932_21502653.jpg

 円柱がぐるーっと取り囲んで光景は圧巻です。
 
e0076932_21521979.jpg

 
Kumasanも喜んでいるようです

 そしていよいよ宮殿内へ。順路に沿って進んでいくとまず見えてくるのはメスアルの間。
 
e0076932_2204598.jpg

 壁や天井にはアラビア模様のタイル等が広がっており、その緻密さに圧倒されます。
 
e0076932_2232571.jpg

 
e0076932_2215387.jpg

 
e0076932_22284873.jpg

 そして一番楽しみにしていたアラヤネスの中庭へ。7つのアーチと両側に広がる緑の植え込み、アラヤネス(天人花)、そして水面に反射する建物。それぞれが絶妙に調和したこの光景はまさに「素晴らしい!」の一言です。
 
e0076932_2272378.jpg

 また反対側からも非常に美しいです。
 
e0076932_22133430.jpg

 只残念ながら、この時たくさんの写真を撮ったのですが、重たい荷物を背負っていたせいか、写真が微妙に曲がっていて、いいものがほとんど撮れませんでした・・・(涙)。
 またその奥にあるライオンの間は無数のアーチに取り囲まれており、これまた素晴らしかったです。
 
e0076932_22252867.jpg

 王宮の外にも綺麗な光景は広がっていました。
 
e0076932_22304588.jpg

 またアルカサバ(城壁)からはグラナダの街が一望できお勧めです。
 
e0076932_22333129.jpg

 
e0076932_2233448.jpg

 宮殿内には緑溢れる庭もたくさんあり、あまり暑くなければゆっくりと一日のんびり過ごしたい場所でしたね。
 
e0076932_22315315.jpg

 それ以外のお勧めの場所としては、パラドールと呼ばれるスペインの国民宿舎。中でも宮殿内にある「Parador De Granada」は予約を取るのが非常に難しいという大人気のホテルですが、Cafeやレストランを併設しているので、休憩するにはもってこいです。雰囲気も最高、サービスもいいので、是非立ち寄ってみてください。
 
e0076932_22371551.jpg

 ロビーはこんな感じです。
 
e0076932_22384013.jpg

 ということで重たい荷物を背負って疲れきった私達はホテルでお茶を飲みながら数時間過ごした後、中心部まで戻りバスで空港へ行くことに。夜10時過ぎの飛行機でGranada空港からRyanairで一路London Standsted空港へ。
 到着は夜11時50分だったのですが、この日は出発が30分程遅れたため予定時刻は12時過ぎに。それはそれでかまわないのですが、この日に限って、Stansted空港は12時から空港整備のため、12時で閉鎖。それに間に合わない場合はLuton空港へ着陸しますとのアナウンスが・・・(涙)。車を空港に置いているので、その場合は一度Stanstedに戻る必要があるため家に到着するのは夜中の3時過ぎに、かなりきついです。
 只遅れを取り戻すべくパイロットが全速力で飛ばしたおかげで12時丁度にStansted空港へ無事に到着。当初の予定通り1時半ごろには自宅へ着くことができました(嬉)。
 2泊3日という超強行スケジュールでしたが、それに値するだけの素晴らしい旅ができました。アドバイスしていただいた人たちに感謝です。次回行くときはもっとゆっくりと巡りたいですね(笑)
by kumasan_life | 2006-12-17 21:29 | スペイン・ポルトガル (11)
コルドバからグラナダへ
 相変わらず更新のペースが滞ってます(涙)・・・・。
 
 気を取り直して前回の続きです。
 スペイン・アンダルシア地方の2泊3日強行旅の最後を飾るのはアルハンブラ宮殿があるグラナダ。鉄道好きの私としては、コルドバからグラナダまでは当初列車で行こうと計画したものの、直通電車がなく、電車を乗り継ぎ半日ぐらいかかってしまいます。そこでお勧めなのがバス。コルドバの駅前にあるバスターミナルから、グラナダのバスターミナルまで約2時間半。本数も1・2時間おきに有るので、使いやすく、また値段も1人11・4ユーロ(1,700円)ととってもお得です。しかもこのMoveliaという会社のWebサイトから予約できるので非常に便利です。
 
e0076932_20345574.jpg

 Webからは座席指定もできるので安心です。私たちが選んだのが一番前の席。広大なアンダルシアの大地が目の前に広がります。
 
e0076932_2036345.jpg

 バスは途中でいくつもの小さな町を経由して、予定通りグラナダの中心部から車・バスで10分ぐらい離れた場所にあるバスターミナルへ到着。そこで荷物をロッカーに預け、丸一日(飛行機は22時15分発)グラナダの街を探索する予定だったのですが、案の定、全て埋まっている(涙)。いろいろ聞いてみたものの、ロッカーはここ以外ないことから重い荷物を背負って街に向かうことにしました。こういうこともあろうかと妻ともども、今回はリュックサックのみで来たのですが、それにしても重いです・・・。
 グラナダは13世紀から15世紀にかけて繁栄したグラナダ王国の首都として栄えた街だけあって、コルドバとも引けを取らないよ規模の街並みです。見所は中心部とアルハンブラ宮殿に揃っているので街歩きという意味では一日あれば回り切れてしまいます。
 街には噴水をはじめてとして、ガイドブックには載っていないような綺麗な建物が至る所にあります。
  
e0076932_20584245.jpg

 
e0076932_2126137.jpg

 
e0076932_2175679.jpg

 この日も天気は快晴。気温は40度以上。只10キロ以上あるリュックサックを背負っての街歩きは老体の私たちの体には(笑)結構堪えます。この日は帰るのみなのでホテルなどはもちろん取ってません。カテドラルの近く(空港へのバス乗り場付近)にあるアイスクリームや、Cafe等で休憩を取りながら休み休み歩き回ったものの、かなりしんどかったです。
 
e0076932_2173838.jpg

 教訓としては安宿でもいいので、ホテルを取るか、コルドバの街を夜に出て、グラナダに泊まるかするべきでした・・・。
 
 ということで、この後は重い荷物を背負ったままアルハンブラ宮殿へ向かいます。
by kumasan_life | 2006-12-16 20:00 | スペイン・ポルトガル (11)
コルドバの街並み その2 (食事など)
 前回からだいぶ空いてしまいました・・・。ということで前回の続きです。

 ホテルの人に「お勧めのレストラン、場所はありますか?」と訪ねて返ってきたのが「コレデラ広場(Plaza de la Corredera)」。 場所はコルドバの駅、メスキータそれぞれから徒歩で15分ぐらいでしょうか。私が持っていたガイドブックには取り立てて特集されていないものの、この光景は圧巻です。
 
e0076932_22252942.jpg

 広場をぐるりと囲む建物はイスラム様式のアーチが特徴的で、かつては闘牛が行われていたそうです。そしてここにはタパスやバル等の小さいお店が並んでいます。
 
e0076932_2237119.jpg

 私たちが選んだのが一番賑わっていたこのお店、El Rincon de Fran。
 
e0076932_22384480.jpg

 まずはアンダルシア名物ガスパチョを注文。トマトをベースにした冷製スープ。そこにハムやガーリックなどが入っているのですが、これが涙がでるほど物凄くおいしい。今まで食べたものと全く違います。
 
e0076932_22445355.jpg

 そしてチーズとアンチョビを挟んだシンプルなサンドイッチとハムを載せたパン。これまた非常においしい!!うーんアンダルシアに来た甲斐があるというものです。
 
e0076932_22455811.jpg

 
e0076932_22464447.jpg

 また街一番の賑わいを誇るテンディリャス広場(Tendillas)にもたくさんのレストランが集まっています。
 
e0076932_2252919.jpg

  街は非常に狭い路地が入り組んでいてさながら迷路のよう。いたるところにある小さな広場にはカフェなどがあり、暑さで疲れた体を一休みできます。
 
e0076932_2323629.jpg

 その中でも、非常に狭い小道で有名なのが、常に花が咲き乱れるというスペインに3つしか現存していないというシナゴーク(ユダヤ人教会)にある「花の小路」。ただあまりの暑さのせいなのか、花は全て枯れていました・・・(涙)
e0076932_2362086.jpg

Kumasanもちょっと残念そう


  e0076932_23111252.jpg
  まあそれもそのはず、今日(この日は7月29日)の気温はなんと46度。まあ直射日光が当たっている場所の温度なので、実際の気温は多少下がると思いますが、それでもあまりの暑さに1時間も外にいるのが精一杯です。街の移動はバスが便利。駅や中心街までバスがたくさん出ているので、それを活用するのがお勧めです。




 夜になると、街の様子は輝きを増します。昼間見たテンディリャス広場もライトアップされた噴水が涼しさをもたらし、より一段と綺麗です。
 
e0076932_22533217.jpg

 また至る所にあるパティオ。
 
e0076932_23163991.jpg

 そしてホテルの前にある噴水も月明かりに照らされて綺麗でした。
 
e0076932_23191485.jpg

 ということで一日のみの滞在でしたが、非常に満喫した滞在でした。また訪れてみたい魅力的な街でした。

 次はバスで最終目的地、グラナダへ向かいます。
 
by kumasan_life | 2006-12-03 22:25 | スペイン・ポルトガル (11)