お肉
 前回のブログで肉がまずいと書きましたが、それについてもう少し触れてみます。
こちらの肉、特に牛肉は放牧で育てられているせいなのか、霜降りのような脂肪が入ってないため硬くまずいです。しかも肉自体が飼料の臭いのような独特の臭みがあって日本人の口には合いません。

 肉を柔らかくするためにタレに漬け込んだり、蜂蜜を塗ったり、長時間に込んだり、ありとあらゆる方法を試したのですが、臭みは消えず肉は硬いままで全くおいしくなりませんでした。またOrganicと呼ばれる有機飼料で育てた牛肉も試したのですが、結局食べれるレベルまで至らず肉を食べるのを諦めていました。おかげで体重がみるみる減り「まあこれはこれでラッキー」とそのまま1・2ヶ月過ごしていました。
お肉_e0076932_8373840.jpg

 そんな時妻の友人が「すごい肉屋がある」という情報を仕入れ、早速頼んでみることに。
只この肉屋は宅配はしてくれるのですが、ロンドンから車で1時間半ぐらい離れたサリー州というところにあるため、150ポンド(3万円)以上の注文でないと無料で宅配してくれないとのこと。そこで友達4人でまとめて注文してその後に分けることにしました。

 味はイギリスでは考えられらいくらいに臭みがなく、柔らかくかつ薄くスライスされていて、日本のようなものは当然期待できませんが、ロンドンでは十分すぎるぐらいおいしい肉でした。すき焼きも焼肉もトンカツも日本にいるのと変わらない味に感動しました。
只悲しいかな、体重は元に戻ってしまいました・・・。

 ちなにみ牛肉はAustralian、豚肉はDanish(デンマーク)のShabu-ShabuかSuki Yakiがお勧めです。私たちはグループで1ヶ月に1回まとめて注文してます。詳細はこのホームページ「Willetts」を見てください。
お肉_e0076932_8375324.jpg

<注文の仕方>
(1)フォームをダウンロードし、記入して宅配希望日の一週間前までにFAXを送る
(2)確認の電話を入れ配達日を確認する。Londonに来る日が週に何日か決まっている。
(3)届けられる時間は指定できないが宅配時間を指定してくるので、その時間の前後1・2時間は家で待つ。
(4)現金(おそらく小切手も可?要確認)と引き換えに受け取る。
by kumasan_life | 2005-02-01 22:35 | ロンドン生活 (42)
<< 審判の日 パーティー >>