ニューヨークのレストラン
 NYはロンドンと違って、私達の追い求める「安くて美味しい、あるいは値段に見合った」レストランが沢山ありました。今回は出張が急遽決まったため、事前にNY情報を手にすることが出来なかったものの、NYに住む友人夫妻に教えてもらったり、連れて行ったりしてもらったりしたため、外れのないレストランを時間の許す限り巡ることが出来ました。ということで一気に4件紹介です。

 「ニューヨークといえばステーキ!」と勝手なイメージを抱いていた私に友人が勧めてくれたのが、この「Sparks Steak House」というNYでのPeter Lugerと並ぶステーキの2大巨頭のお店です。
 予約をしていったものの、お店は超大混雑。自分の番が呼ばれるまではバーで一杯するのが、このお店のスタイルのようです。30分ぐらいして席に着き隣の人の注文したステーキを見ると物凄くでかい!!。こんなのが果たして食べられるのだろうかと思いつつ、ステーキと付け合せの野菜を注文しました。
 
 そしていよいよステーキが到着。「うーんでかい!!」。これぞアメリカという感じです。
予想に反して肉は非常に柔らかく、赤身で美味しい。
 
e0076932_8363514.jpg

 しかも全く肉臭くない。どこかの国の大きくて、固く、臭い肉とは大違い!!この量、この質で40ドル(5千円ぐらい)弱なのでとってもお得です。
e0076932_8342838.jpg

 付け合せに注文した野菜(ほうれん草とハッシュドポテト)も量が半端ないですが、これまた美味しく大満足です。
e0076932_838254.jpg
 只あまりの量の多さにさすがに全部は食べられませんでした。
e0076932_837885.jpg

 
 そして翌日に行ったのは友人夫妻が予てから行ってみたいと言っていた「la bonne soupe」というフレンチレストラン。
 
e0076932_84991.jpg

このレストランの名物はオニオングラタンスープセット。サラダ、デザート、そしてワインかコーヒーがついて15ドル弱ととってもお得です。これだけでお腹が一杯になるということで私達はこれだけを注文することに。
e0076932_8475515.jpg

オニオングラタンスープはチーズとの相性が抜群でとても美味しいのですが、ちょっと味が濃いため、薄味が好きな人はいまいちかもしれません。この日のデザートはプリンとチョコレートムースから選べ、どちらも美味しかったです。
e0076932_8484587.jpg

こちらも大満足です。

 その翌日は、NY駐在員の人気のJoe's Shanghai(鹿鳴春)へ。
e0076932_8385759.jpg

ここは小籠包が有名です。普通の豚の小籠包と、蟹のものを注文。味はさすが連日行列が出来るというだけあっておいしかったですが、超がつくほどではなかったですね。
 
e0076932_8394861.jpg

蟹の方は個人的にはいまいちでした・・・。ちなみに小籠包以外はあまり美味しくないそうです。やはり小籠包は鼎泰豊(ディンタイフォン)・・・ですね。
 
 そしてNY滞在の最後の夜は何故か寿司田(SUSHIDEN)という寿司屋さんへ。NYは美味しい日本食が手ごろな値段で食べれます。30ドルぐらいでお寿司と天ぷら等のセットが食べられるので日本とあまり変わりません。
e0076932_841452.jpg

店内の雰囲気もまるで日本にいるかのようです。
e0076932_844104.jpg

e0076932_844465.jpg

量も値段も満足、お寿司も美味しく、日本出張以来の久々のレストランの日本食に「NYなら食に関しては生きていける」と思いました(笑)。
 
e0076932_8421218.jpg

抹茶のミルフィーユケーキも美味しかったです

 突然のNY訪問にもかかわらず、友人夫妻のお陰で美味しいお店を巡ることができ、非常に満足度の高い出張となりました。「本当にいろいろと有難うございました!」
by kumasan_life | 2005-12-17 22:38 | ニューヨーク (5)
<< ビジネスクラス対決 国連 >>