Ieper (Ypres:イーペル) ベルギーの田舎町
 今回の旅行は事前に何も計画していなかったので、どこに行くのかは何となくしか決めていなかったのですが、昨年東京に出張の際に買い込んだ「ベルギーの田舎町」という本に紹介してあった「イーペル」という街を経由して、ブリュッセルに行くことにしました。ちなみにこの旅名人ブックスは内容が非常に濃くてお勧めです。他にはベルギー美食紀行ベルギー南部ロマン紀行、そしてベルギー・フランダース等があります。
 
 「イーペル(もしくはイープル)」と聞いてベルギーの街だと分かる人はよほど世界史の勉強をした人か、かなりのベルギー通のどちらかだと思います。それぐらい観光客にはマイナーな街ですが、ヨーロッパの人には非常に馴染みのある街であるそうです。というのもこの街は第一次世界大戦で英・仏・ベルギー連合とドイツとの激しい戦いの舞台となった街で、150万人もの人が亡くなり、街は徹底的に破壊されてしまったという悲しい歴史を持つ街なのです。戦死者は第2次世界大戦を上回るということもあり、ヨーロッパで言うと広島・長崎のような意味合いを持つ街だそうで、また初めて毒ガスが使われたということでも戦争史上有名だそうです。ということもあり会社の同僚(イギリス人とベルギー人)に「この街に行ったよ」と話したら、いろいろと歴史を話してくれました。
 
 イーペルは11世紀から13世紀にかけ繊維産業で栄えていた街ということで、街の中心に入るなり、繊維会館の非常に大きな建物が見えてきました。
 
Ieper (Ypres:イーペル) ベルギーの田舎町_e0076932_8431065.jpg

 この一体は広場(マルクト広場)になっているのですが、その規模は、ブリュッセルや、アントワープ、ゲントを上回るぐらい大きく、この街がかなり繁栄していた事を物語っています。
Ieper (Ypres:イーペル) ベルギーの田舎町_e0076932_8453743.jpg

 ベルギーらしい建物が広場の周りを取り囲んでいます。
 
Ieper (Ypres:イーペル) ベルギーの田舎町_e0076932_8455282.jpg

 これら一連の建物は戦争でドイツ軍に完全に破壊されてしまったため、これらの建物は全て戦後に再建されたものだそうです。
 
Ieper (Ypres:イーペル) ベルギーの田舎町_e0076932_8482817.jpg

 そして広場から少し離れた場所には巨大な「メーンゼ門」が建っています。この門には戦争で亡くなった人達の名前が刻まれており、門というよりは慰霊碑みたいな役割になっています。
Ieper (Ypres:イーペル) ベルギーの田舎町_e0076932_8565599.jpg

 しかもこの門では1929年11月11日以降、毎日夜8時から一日も欠かさず行われているという「ラスト・ポスト」なる儀式が行われており、2人から4人の消防士によってトランペットが奏でられ、献花が行われます。この日は土曜日ということもありいつもより大規模に行われていました。
Ieper (Ypres:イーペル) ベルギーの田舎町_e0076932_8574189.jpg

Ieper (Ypres:イーペル) ベルギーの田舎町_e0076932_9164375.jpg

 その悲しい歴史とは別にイーペルにはもう一つ有名なものがあります。それは3年に1度、5月の第2日曜日に行われるという「猫祭り」というもので、今年2006年はその年に当たります。街には猫の仮装した人達でごった返すということで、是非見てみたいお祭りですね。
 
Ieper (Ypres:イーペル) ベルギーの田舎町_e0076932_850372.jpg


 夜のイーペルの街は昼間とはうって変わって幻想的な雰囲気をより一層醸し出しています。
Ieper (Ypres:イーペル) ベルギーの田舎町_e0076932_8585185.jpg

Ieper (Ypres:イーペル) ベルギーの田舎町_e0076932_8593595.jpg

Ieper (Ypres:イーペル) ベルギーの田舎町_e0076932_913233.jpg

Ieper (Ypres:イーペル) ベルギーの田舎町_e0076932_911195.jpg

Ieper (Ypres:イーペル) ベルギーの田舎町_e0076932_8595217.jpg

 この建物は繊維会館内にある戦争博物館です。
Ieper (Ypres:イーペル) ベルギーの田舎町_e0076932_901412.jpg

Ieper (Ypres:イーペル) ベルギーの田舎町_e0076932_9030100.jpg

 そして裏手にはライトアップされた「セント・マルテンス教会」があります。
Ieper (Ypres:イーペル) ベルギーの田舎町_e0076932_904727.jpg

Ieper (Ypres:イーペル) ベルギーの田舎町_e0076932_92428.jpg

Ieper (Ypres:イーペル) ベルギーの田舎町_e0076932_915012.jpg


 歴史を知っていれば、この街に一歩踏み込めば、戦争の暗い影が伝わってきますが、戦後、中世の建物を忠実に再現した建物を見ている限りは、ブルージュなどと同様、中世にタイムスリップしたような錯覚を思い起こすような綺麗で魅力的な街でした。私にとっては、ヨーロッパの歴史の奥深さを改めて認識させてくれた街となりました。今年5月には猫祭りもあることですので、都合が合えばまた行ってみたいですね。カレーからは車で1時間から1時間半ぐらいの距離なので、交通の便は良いです。

 次はイーペルのホテルについてです。
by kumasan_life | 2006-02-16 23:58 | ベルギー・オランダ (26)
<< Albion Hotel in... バレンタインデー Pierre... >>